炭の家で健康をキープ|綺麗な空気を取り込む家

予算を抑えて購入するなら

一軒家

家を見極めるポイント

新築信仰という言葉があるように、日本では新築の家を購入したいと考える人が多くいます。しかしながらアメリカやイギリスなど海外では、歴史ある中古物件のほうが高い価値を持つという考えもメジャーです。中古一戸建てはコストを抑えていい物件を購入できる、いわばコストパフォーマンスの高い物件といえます。特に鎌倉は特殊なエリアで、古民家のような歴史ある物件から築浅のペンシルハウスまでさまざまな物件が見受けられる地域です。そのため、鎌倉で中古一戸建ての購入を検討する人は多く、人気の土地といえるでしょう。人気がある分、中古一戸建ての値段もやや高めですが、逆にいえば自分が家を売りたいときにも値段を高くつけやすいというメリットがあります。ほかにも鎌倉には他の地域にない特殊な環境という強みがあるのです。海と山に近く、海産物や鎌倉野菜のような地域の野菜も充実しており、食の満足度・評価ともに高いといえます。こうしたことからわかるように鎌倉はその土地自体に魅力があり、評価も高くなりやすいので、中古一戸建てを購入しても安心して資産だと考えられるでしょう。通常、中古一戸建ての場合「今中古を買うと、この先どんどん価値が下がってしまう」という部分がネックになりやすいのですが、鎌倉の中古一戸建てであればこうした心配は少ないといえます。購入の際には自分が住みたい家のイメージを固めるためにも、鎌倉市内の中古物件を様々みること、また付近の様子を確認しながら、納得行くまで家探しをしてみてはいかがでしょうか。